引越し札幌

引越業者 札幌 その3

ダック引越センター

ダック引越センター

ダック引越センターは、アート引越センターの傘下に入っている引越し業者です。

そのため、アート引越センター譲りのクオリティの高いサービスを期待することができますが、若いスタッフが多く、作業の質に差があるとも言われています。
また、しかし、ダック引越センターはアート引越センターと比べると料金が格安であり、インターネットからの申し込み率も高いといいます。

 

また、有料オプションのサービスが豊富に揃っており、浮いた料金をオプションに利用することもできます。
特にオプションの中でも独自性の高いものとして、「耐震サービス」が挙げられます。
「耐震サービス」は、耐震アドバイザーが室内の状況をチェックし、アドバイスとともに、耐震マットや突っ張り棒などを必要に応じて設置してくれるサービスです。
また、子どもをシッターに預けることができる「ベビーシッターサービス」や、東京近郊限定で、スタッフを指名できる「スタッフご指名パック」もあります。

 

ハート引越センター

ハート引越センター

ハート引越センターは、他の引越業者よりもオプションが充実していることで知られています。

たとえば、15,000円のクリーニング詰め放題サービスでは、箱の中に詰め込んだ洋服をドライクリーニングに出してくれるというサービスであり、「ハート引越センターのホームページを見た」というと10,500円に割引してくれます。
詰め方によってはクリーニング代が1点あたり100〜200円程度でできるので、引越しとともに洋服もリフレッシュしたい方におすすめです。
また、引越しで不要になった家具・家電の買取りサービスも行っており、不要になった家電をその場で処理することができます。
その他にも、他の引越業者が行っているようなオプションは大体用意されており、引越しサービスを積極的に利用したい方におすすめです。
また、ハート引越センターの料金は比較的安く、見積りサイトなどを利用してハート引越センターが一番安かったという方も多いです。
しかし、ハート引越センターはアルバイトを多く雇っており、スタッフの質には差があるようです。
札幌センター:北海道札幌市白石区流通センター5-2-70

 

日本引越しセンター

業界大手

日本引越しセンターは、日本通運の引越サービスです。

日本引越しセンターには、単身者向けの「ワンルームパック」に加え、荷物の量に応じた3つのプランと、「えころじこんぽフル」「えころじコンポハーフ」「えころじコンポセルフ」という3つのファミリープランが存在します。
「えころじこんぽ」とは、ダンボールを一切使わずにゴミを出さないという日本引越しセンター独自の環境対策であり、フルで行うと、専用の道具を用いてスムーズに荷造りを行ってくれます。
また、日本引越しセンターでは、引越し後の30分間、無料で現場作業を行ってくれるというサービスがある他、車の故障に対応できるロードアシスタンスや、医療や法律に関する専門家への相談を無料で受け付けており、適切なアドバイスを受けることができます。
また、引越しは曜日や日付によって料金が変動するものですが、日本引越しセンターでは、ウェブサイトに「とくダネカレンダー」を設置しており、お得な引越し日が一発で分かるようになっています。
日本引越しセンターは、大手運送会社の日本通運の引越しサービスだけあり、良心的な引越し業者であるといわれています。