引越し準備

準備偏

引越の前にはいろんな準備が必要になります。
例えば、どこの業者に引越作業の依頼をするかということは、まず最初にやっておいたほうがいいことの一つです。それと子供がいるのなら転校届けを通学している学校に届けないといけません、そしてもし現在賃貸マンションなどに住んでいるなら解約の手続きをしないといけません。これらは引っ越す1ヶ月くらい前に行っておくことが目安になります。
それ以外のものは2,3週間前から始めるといいでしょう。これらにはインターネットや電話の住所変更手続きや電気やガスなどの住所変更も届けておかないといけませんし、またいま住んでいるところから、別の市町村へ引越をするときには、役所に転出届を提出する必要もあります。そして引っ越しした先の市区町村の役所へ転入届を提出します。そしてそのときに印鑑登録もすませます。

〜引越の事前準備については下記のサイトが参考になります〜

↓  ↓  ↓

 

 

掃除をする女性

それとこれらの手続きの他にも大切なことがあります。それは今まで住んでいた部屋の掃除です。もう家を出ていくからと行ってそのままの状態で引っ越ししてしまうのはマナー違反になります。

ぴかぴかにする必要はありませんが、やはりある程度の掃除をしてきれいにして出ていくのが常識といえます。引越当日になって掃除をするとなってもなかなか手が回らないものなので、特に汚れの酷い場所キッチンやお風呂場などは事前に計画して行っていくのが賢い方法といえそうです。また業者にクリーニングをお願いすることもいいかもしれません。最近ではインターネットで複数のクリーニング業者から一括して見積もりを簡単に取り寄せることができるようになっていますので、こういったシステムを使うことで自分にあった業者を選定することができます。

 

引越で使うダンボールは業者で用意してくれる事がほとんどです。できれば引越の数日前には何枚か事前にもらっておいて荷造りをしておいても良いでしょう。食器やガラスなどの割れ物を梱包する際にはクッションが必要になりますね。これは市販の緩衝剤の変わりに新聞紙を使うことで代用できます。ただ大量に必要になるので、引越が近づいてきたら新聞紙は資源ゴミには出さないで、溜めておくようにしましょう。目安は1ヶ月分くらいあれば大丈夫でしょう。自分でダンボールを準備するときは大きさに注意しましょう。あまり大きいものだと重くなってしまい持ち運びに苦労しますので、最適なのは中くらいの大きさのダンボールです。

 

 

準備偏関連ページ

料金を安くしたい
引越をできるだけ安い料金でしたいのなら、複数業者から見積もりを取り寄せることが大切です
業者間で違うサービス内容
引っ越し業者の間でも様々なサービスがありますが、ある業者では梱包資材がサービスなっていたりと
荷物の減らし方
荷物が多すぎて、引越の妨げになることが結構あります。そんな時どうしたら効率よく荷物を減らすことができるのか
引越 料金の相場はどうやって決まるの
引越料金の相場について自分で計算する方法を紹介します。
引越の挨拶について
引越をするときには旧居と新居でのそれぞれの挨拶についてどうするのか。
どのようにして引越し業者を選ぶか
良いところを知るのが安心です
赤帽でのお引越し
赤帽の引越しのおすすめポイントの紹介〜
家族での引越
転勤や新居への引越しを家族でする場合の情報です。
即日引越しができる
急な引越しに対応している業者は意外に多いものです。ではそのチェックポイントはなんでしょうか、
引越しの際に起きるトラブル…
引越に関するトラブル……、起きてしまってからでは遅いかも〜やっぱり事前に防ぐことがベストです。
引越し見積りサイトを利用するメリット
引越しをすると決まって、どの業者にしたらいいのか悩む〜そんな時は引越し一括見積ができるホームページを利用してみましょう。
敷金について
賃貸住宅を借りるときに発生する敷金についての基本を説明しています。
敷金の返金額が増える
敷金の戻り額は、ちょっとした事柄で意外にたくさん戻ってくることがあります。